賢く節税する方法とは

税金で損をしないための対策「節税」の始め方

>

企業の社長さんに向けた節税対策

必要経費をきちんと計上しよう

法人税を節約する上でポイントとなるのは所得税です。
一年間に得た利益に対して、その利益を得るために使用した経費分を差し引いた金額が所得税の対象となります。
ですので、経費として計上すべきものは残らずに計上する、これが法人節税の基本です。
会社を始めたばかりの頃や、多忙が続いた時期などは見落としてしまうこともあるかもしれません。
ですが、経費を計上しなければその分、所得税の対象となる利益部分だけが増えてしまうので結果として損をしてしまうことになります。
自分だけの力では不安だという方は税理士さんなどにお願いすることをおすすめします。

ですが、いくら節税したいからと言って経費ではないものまでこっそり計上しようとしたり、逆に経費になるからと言って過剰に使い過ぎてしまうことはおすすめできません。

保険による節税対策

個人としてではなく、法人を契約者として保険に加入することも節税となります。
保険で支払った保険料は、年末にそれぞれ生命保険料控除であったり、地震保険料控除などの対象にはなりますが、それとは別に法人として加入することにメリットがあるのです。
特に生命保険などは、保険種類や保険期間の設定などにもよりますが、保険料である掛け金を経費として計上することができますし、満期金や解約返戻金などを資産として計上することも可能です。

法人税対策を目的とした保険も多くありますが、知識がないまま加入してしまうときちんとした節税に繋がらない場合もあります。
保険による節税を希望するのであれば、保険代理店や税理士にアドバイスを受けながら、しっかりと自分でも勉強していく必要があります。


このTOPICSをシェアする