賢く節税する方法とは

税金で損をしないための対策「節税」の始め方

サラリーマン、OLの節税対策

ここでは税金を節約する方法を中心に紹介していきたいと思います。
節税について説明する前に、そもそも税金とは何なのかを最初に説明しましょう。

税金とは、日本国内に住んでいる人であれば日本人、外国人を問わずに支払う義務があります。
税金を支払うことで国家を背負って働く人々の給与になったり、公共施設の建設や維持、公道の標識や信号、電信柱や高速道路の設置や維持などの費用にまかなわれています。
税金は、日本という国を支えながら我々の生活を暮らしやすくするために支払う義務のあるお金です。
道路や施設など、国で管理されているものは無料で使用しているのではなく、税金という形でお金を支払って使用しているのです。

ですが、税金には種類も多く、分からないことが多々あることが難点です。
まずは税金の種類から紹介していきましょう。
税金には「所得税」「住民税」「法人税」「消費税」「たばこ税」「酒税」などがあります。
所得税とは、働いて得た給与に対して発生する税金です。
住民税は、住んでいる場所や得た所得の合計額などによって税額が変わってくるという特徴があります。
法人税は会社として事業をしている場合、その利益に掛かる税金です。
消費税やたばこ税、酒税はお馴染みで、それぞれの商品を購入する際に発生します。

日常生活に常に寄り添っている税金ですが、賢く節税するにはどうすればいいのでしょうか。
サラリーマンの場合、事業者の場合とに分けて紹介していきます。
このように、税金には様々な種類があると同時に、様々な用途、場面で発生することに気付いていただけたかと思います。